整体・美容サロン フェールラヴィ    Blog
     未来につなぐ健康美容

シシャモあしとふくらはぎも細くしたい。(脚について2)

ふくらはぎの太さは、主にひざ関節のゆがみから生じてきます。ご存知でしたか?いえ、私はそう思って施術に臨んでいます。

ふくらはぎを痩せたいんですがどうしたらいいですか?
と良く聞かれますが、ひざ関節のゆがみがない方はいないといっても過言じゃないと思います。

もちろん、からだは一つの部位だけがゆがむことはなくてみな関節は連動して動いているので、あらゆる関節にゆがみが生じているものと捉えます。

ただ、ふくらはぎの太さでお悩みのお客様はゆがみでもO脚かXO脚の人に多く、X脚の人でふくらはぎの太さを気にしている人にはほとんど出会いません。

これをどうしていくかというと・・・
主にひざ関節を形成している太ももの骨とすねの骨のゆがみを取る整体を行っていきます。ひざ関節はほかの大きな関節と違って動きが少ないため、調整はやや難しめです。しかも、股関節と足首の関節の間にある関節のため、ゆがみを取るにしてもほかの関節との調和を大事にしないと治している途中経過の日常生活でほかに比べて痛みが出やすいことも特徴です。

いつもどこに対してもですが、特に気を付けて調整を行う部位でもあります。

骨格整体でゆがみを調整することで骨についている筋肉の張りが少しほぐれやすくなります。
ふくらはぎが今後太くなりにくくするための準備ができたところで、セルライトと脂肪を分解する特殊な機器を使って今すぐ細くします。

ゆがみが大きいほど、硬いセルライトが多くついていて、ふくらはぎを太くしています。それに歪んだ筋肉の付き方もしています。筋肉のゆがみは整体で良くなります。でも、整体で筋肉は落とすことができません。

ほとんど筋肉と骨と皮のふくらはぎの人に、ふくらはぎが今より細くなりたいと言われたら、「筋肉は落とせないので寝たきりになってください」と言います。冗談ですが、筋肉は使わないで衰えさせていくしかありません。まだお若い皆様に本気でそうして欲しくはありません。

私自身もまだまだ太いですが、以前は24センチの足の大きさなのにふくらはぎが太すぎてブーツが入らず、26センチ用のブーツを買ったことがあります。
ゆがみ取りとセルライトと脂肪分解で今は24センチのブーツで大丈夫になりました。

それに加えて足の使い方が変わったことで、シシャモ足の筋肉の目立ち様だったふくらはぎも、地面をならしたようにぺたんと滑らかなふくらはぎに生まれ変わりました。

不思議かもしれませんが、そんなところまで変われるものですよ。